蛙始めて鳴く

立夏 初候「蛙始めて鳴く」

本日は……子供の日!
日本の七十二候では
「立夏 初侯 蛙始めて鳴く」
です。

今日から夏なんですね〜

端午の節句はもともと中国から渡ってきたもの。

菖蒲酒を飲み健康を願っていたものが、
日本に入って、菖蒲湯に変わったそうですね。

柏餅は日本で生まれた風習。
柏の葉は新芽が出るまで落ちないことから、家系が絶えない縁起物だとか。

お子様がいる方もそうでない方も、今日という日を健康を願い、縁の続く日にしてみたらどうでしょう。

筆頭塾長 齋藤

 

右クリックで保存すれば、ウェルカムカードとして使えますよ〜

蛙始めて鳴く

文の引用はこちら>>>日本の七十二候を楽しむ―旧暦のある暮らし―

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIR副会長! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。

Leave a Reply

作業療法塾&臨床共育Eラーニングサイトにようこそ! 非表示